HOME>特集>私立大学の学費以外にかかる生活費用の相場

私立大学の学費以外にかかる生活費用の相場

学生

学生寮のある大学を選ぶメリット

子供が私立大学への進学を希望していたり、すでに入学が決まったりといった場合、親として気になるのは学費でしょう。できるだけ安く済ませたい考えを持つことは当然ですが、国立大学よりも多くの学費を支払うことになるのは事実なので、覚悟しておくことが大事です。ただ、進学する際に実家以外の場所に住むことになれば、生活にかかる費用を知っておく必要があります。できるだけコンパクトな費用にしたいのであれば、学生寮のある大学を選ぶことをおすすめします。学生寮は食事付のところが多いですし、光熱費を込みで支払いをするので面倒な手間が不要です。色々な学生寮があるので料金はバラバラですが、数万円あれば利用可能な私立大学の学生寮はあります。

本

入学から卒業までにかかる費用

私立大学を選んで進学したい希望を子供から聞いた場合は、入学から卒業までにかかる費用を算出してみましょう。そこで金銭的に厳しいと感じたのであれば、教育ローンや奨学金の利用を検討することができます。まず、私立大学といっても授業料に違いがあることは理解しておくべきです。ただ、年間の授業料は100万円前後は支払う覚悟をしておくと良いです。また、子供を一人暮らしさせる場合、そこに生活費の援助という負担が発生します。家賃や食費、光熱費などを援助することになると、毎月数万円以上の仕送りをすることになります。そのため、4年生の私立大学で一人暮らしさせるケースでは、学費と生活費を合わせると1000万円近いお金を負担する可能性があります。