HOME>特集>私立大学に受験から入学までに必要な学費はいくら?

私立大学に受験から入学までに必要な学費はいくら?

勉強

私立と国立の大学受験料の違いとは

私立大学と国立大学では大学授業料にはとても大きな違いがあります。私立大学の学費は国立大学の学費に比べると、4年間で考えた場合には文系では約150万円の差があります。さらには理系についてはその差はさらに広がっていき約300万円にもなります。そして、最もお金のかかる医学部の場合は私立大学ではなんと4年間の平均は2000万円弱に対して国立大学の場合はおよそ350万円です。ここまでのさがあります。ですから、親としては、できるだけ大学に行くのであれば国立大学に行ってもらいたいというのが本音のところでしょう。しかし、国立大学の場合は、それだけレベルの高い試験に合格しないと入学することは難しくなっています。

女の人

学費の支払いに困った時の支払い方法

大学に合格していざ順風満帆の学生生活を謳歌しようと考えていた矢先に親がリストラにあってしまったり、何等かの理由によって学費を支払うのが困難になってしまったりするケースもあります。私立大学に入学しているケースでは、一年間でかかってくる学費も高額になりますので、かなり頭を抱えることになるでしょう。こんな時にはどうやって支払いをするのが良いか、まずは授業料の免除や分納、さらには延納を検討してみましょう。これが難しい場合には、奨学金を借りるという選択もありますし、教育ローンを組むこともできるでしょう。もちろん、学生自身がアルバイトで稼ぐという選択肢もありますが、調べてみるといろいろな方法で支払いをすることは可能です。