HOME>特集>私立大学に合格したあと学費納入はいつまでに行う?

私立大学に合格したあと学費納入はいつまでに行う?

ウーマン

進学する学部によって異なる学費

私立大学に進学するにあたっては予めその学費を知っておくことも重要なことの1つです。いざ合格してから学費がどうにもならなくなっては大変だからです。学費といってもその内容は授業料だけではありません。授業料と入学料はもちろん、施設整備費も含まれます。私立大学の年間授業料は平均して85万円か86万円ほどとされています。そこに施設整備費の19万円弱が合わせると104万円くらいになります。つまり、私立大学に1年間通うには約104万円が必要と言えます。四年制大学の場合は416万円程は想定しておかなければなりません。また、入学料は平均して27万円くらいとされています。だいたい450万円が合計の学費となります。

人形と鉛筆

事前に学費を調べて進学先を選定しよう

これは私立大学の平均的な学費であるため、実際には学校の種類や立地などで変わる可能性があります。例えば医療系の大学には複雑な設備が用意されているため、学費も高くなります。逆に土地がそれほど高くない場合やたくさんの学生を抱えているケースにおいては少し学費が低くなっていることもあります。私立大学の学費を毎年で支払い切るのは簡単なことではありませんが、奨学金などを利用することで負担を軽減することができます。奨学金には賞与型のものと貸与型のものがあります。貸与型の場合は卒業後の負担になることを踏まえておく必要があります。また、奨学金には利用の条件が用意されていて、借りられないこともあります。それらの点を踏まえると教育ローンを活用することも選択肢の1つです。